忍者ブログ

[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
昨日は今年最初の芸大レッスン日、今月末の副科実技試験に向けて限られた日にちで最終調整。
学校の帰りに去年のクリスマスに大腿骨骨折して日本医科大学病院に入院中のCさんのお見舞いに行った。 日本医科大学病院は芸大から近く根津神社の前にあった。
Cさんは、わりと元気で折れた方の足も軽く動かせるまでに回復していた。 Cさんと同じ病棟に長唄三味線で人間国宝のG先生が入院していると聞いたので帰りにお見舞いしようと思ってCさんに場所をたずねると、
Cさん「前の廊下をずっと左に行って突き当りを右に曲がった奥の方ですよ」と、教えてくれた。
Cさん「私は足が悪いのでまだお見舞いには行っていません」
「なるほど、では帰りがけに行ってみます」ということで行ってみたが、突き当たって右に曲がると扉があって鍵がかかっていた。 病棟の入口には[精神科・神経科]と書いてあった。
「あれ~精神科かな、そんなことないよな」 鍵をガチャガチャやっていたら中から看護婦さんが出てきて「何ですか」と聞いてくれたので「この病棟に入院中のMさん(本名)のお見舞いに来たんですが」というとしばらくお待ちくださいと調べてくれたがこの病棟では無いようだった。
お見舞いも無事終わり家に帰ると娘が花を活けていた。在学中は華道部で家の稽古日にはいつも花を活けてくれていたが社会人になってからは忙しく久しぶりの生け花だった。 同じ花でも病院で見るお見舞いの花と違いイキイキと輝いて見えたので写真に残してみた。

藤舎 呂雪のホームページ→http://rosetsu.gozaru.jp/index2.htm
PR
生け花